この記事はプロモーションが含まれています。
【PR】

池田陽子さんの江戸川区産小松菜を使った薬膳レシピをご紹介

池田陽子 薬膳 テレビ番組
スポンサーリンク

この記事では、江戸川区のホームページなどで紹介されている薬膳料理研究家池田陽子さんの薬膳レシピをご紹介します。

池田さんは、沢山の著書を出版されています。
↓     ↓     ↓
Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

造血作用があるといわれる小松菜を、薬膳レシピでより効果的に摂取できるのは嬉しいですね!
薬膳レシピに関心のあるあなたはぜひご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

小松菜の スーパー造血 薬膳担々鍋

池田陽子 小松菜レシピ

(※画像はイメージです)

材料(3~4人分)

牛切り落とし肉・・・・・・・・ 300 g
小松菜・・・・・・・・・・・・ 250 g
にんじん・・・・・・・・・・・1本
黒きくらげ(乾燥)・・・・・・ 6g
しめじ・・・・・・・・・・・・1パック
ねぎ・・・・・・・・・・・・・1 本
にんにく、しょうが・・・・・・各1 かけ
豆板醤・・・・・・・・・・・・小さじ2
塩・こしょう・・・・・・・・・少々


A(干しえび大さじ1、八角1個、花椒粉<山椒でも可>少々、
 水5 カップ、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1/2、
 コチュジャン・黒練りごま大さじ2、
 オイスターソース・鶏がらスープの素 各小さじ1)


黒すりごま・・・・・・・・・・大さじ2
ごま油・・・・・・・・・・・・大さじ1

引用元:小松菜+1小松菜PR小冊子「小松菜力」レシピより引用

作り方

1.野菜を切る

小松菜・・・ザク切りにする。
にんじん・・・皮をむいて短冊切りにする。
黒きくらげ・・・水で戻し、食べやすく切る。
しめじ・・・根元を切ってほぐす。
ねぎ・・・斜め薄切りにする。
A の干しえびを水1 カップで戻し、戻し汁もとっておく。

2.肉とねぎを炒める

フライパンにごま油を熱し、みじん切りしたにんにく、しょうが、ねぎ、豆板醤を入れて炒める。香りが出たら塩・こしょうをした牛肉も加えて炒める。

3.残りの野菜を入れて炒める

2.の牛肉に火が通ったら、にんじん、黒きくらげ、しめじ、小松菜の茎の部分を入れて軽く炒める。

4.スープを作る

鍋にA を入れて火にかけ(干しえびは戻し汁ごと)、煮立てる。

5.煮込む

小松菜の葉を加えて、野菜がやわらかくなるまで煮る。

6.仕上げ

最後に黒すりごまをふる。

薬膳において、小松菜は血を補うパワー絶大な「造血ベジタブル」。美と健康のために積極的に取り入れたい野菜です。江戸川の小松菜のパワーをさらに高める、とっておきの「小松菜薬膳鍋」レシピ。

小松菜とサバの中華風雑煮

池田陽子 小松菜レシピ

(※画像はイメージです)

材料(2人分)

小松菜・・・・・・・・・・・・・・・1/4わ
サバ缶・・・・・・・・・・・・・・・1/2缶
にんじん・・・・・・・・・・・・・・4センチ
ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
しょうが、にんにく(すりおろし)・・1片分
切り餅・・・・・・・・・・・・・・・2個
塩、コショウ・・・・・・・・・・・・適量

【A】水3カップ、酒大さじ2、しょうゆ、
   オイスターソース 各小さじ1

引用元:小松菜+1小松菜PR小冊子「小松菜力」レシピより引用

作り方

1.野菜を切る

小松菜・・・ザク切り
にんじん・・・短冊切り
ネギ・・・斜め薄切り
にんにく・・・一片すりおろす
しょうが・・・一片すりおろす

2.餅を焼く

餅は熱した網で両面、軽く焦げ目をつけて焼く。

3.汁を作る

  1. 鍋に【A】を入れて沸騰させる。
  2. サバ缶を汁ごと加える。
  3. 野菜・にんにく・しょうがを入れ、野菜に火が通るまで煮る。
  4. 塩・こしょうで味を調える。

4.盛り付け・仕上げ

器に焼いた餅を入れ、3で作った汁を注ぐ

ねぎ・しょうがを加え、冷え解消にもおすすめです。サバの缶汁には栄養と旨みがたっぷり含まれているので一緒に使って小松菜のパワーをアップしましょう。

こまサバディップ

池田陽子 小松菜レシピ

(※画像はイメージです)

材料

小松菜・・・・・・・・・・1/2わ
サバ缶・・・・・・・・・・1/2缶

【A】ヨーグルト 大さじ2 、カレー粉 小さじ1/2
   にんにく(すりおろし)、練りからし 各少々

しょうゆ・・・・・・・・・少々
塩、コショウ・・・・・・・適量

引用元:小松菜+1小松菜PR小冊子「小松菜力」レシピより引用

作り方

1.小松菜をゆでる

鍋に湯をわかし、小松菜をゆでて冷水にとり、水気をしぼる。

2.小松菜を切りそろえる

しょうゆ少々を全体にかけて再度しぼったら、1センチの長さに切る。

3.Aを混ぜる

材料【A】(ヨーグルト大さじ2、カレー粉小さじ1/2、すりおろしたにんにく、練りからし少々)を混ぜる。

4.仕上げ

  1. ボウルに、小松菜と缶汁を切ったサバ缶の身を入れる。
  2. 混ぜ合わせた【A】を加えて全体を混ぜる。
  3. 塩、こしょうで味を調える。

池田陽子さんのおすすめの食べ方

小冊子のレシピ紹介ページには、「からしをきかせたほうが美味しいです(大人の方は特に)、」と書かれていました。

その他には、

  • バケットやクラッカーにのせる。
  • バケットやトーストに、レモンスライスと一緒にはさんで「こまサバサンド」にしていただく。
  • ごはんにのせ、白すりごま、もみのりをかけて「こまサバ丼」にしていただく。

という召し上がり方もおいしくておすすめだそうです。

サバと同様、血行を促進するカレー粉もプラスされている薬膳レシピ。
是非作ってみたいですね。

池田陽子さんの江戸川区小松菜を使ったレシピの詳細はこちらから>>

池田陽子さんのプロフィールをご紹介

経歴

1967年11月30日(56歳)宮崎生まれ、大阪育ち。

立教大学社会学部を卒業。
広告代理店を経て出版社にて女性誌、ムック、また航空会社にて機内誌などのジャーナリストを務められました。

取材を通して、身体と心の不調は食事で改善できるのでは?との気づきから、国立北京中医薬大学日本校に入学し、国際中医薬膳師資格取得されます。

様々な研究を経て、ふだんの暮らしの中で手軽に取り入れられる「ゆる薬膳。」を出版されました。

現在は、薬膳アテンダント・全日本さば連合会広報担当サバジェンヌ、水産庁「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」認定メンバー、みやざきブランドアンバサダー、宮崎県観光審議会委員等、食文化のジャーナリストとして精力的に活躍なさっています。

著書

池田陽子さんは、これまでに、「ゆる薬膳」から、

2023年10月30日に発売されたこちらの著書など、

多くの著書を出版されています。
↓     ↓     ↓
Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

監修商品

また、薬膳料理を監修も務められています。

薬膳しじみスープ」
(白ごま香る 豆乳スープ/パクチー香る ベトナム風スープ/大豆ミート使用 豚汁風)
(島根県松江市 中浦食品株式会社)

引用元:池田陽子公式ホームページより引用

シジミを使った薬膳のスープが、白ごま・ベトナム風・豆乳風味の3つのお味で楽しめるシリーズです。

池田さんの監修の3種類の「薬膳しじみスープ」は、以下のショップで販売されています。

  • 島根・鳥取地区の中浦食品店舗
  • 東京・日比谷「日比谷しまね館」
  • 奥沢「かに舞」
  • 「shop de ゆる薬膳。」


詳細はこちらから↓
https://www.yuruyakuzen.net/shopbrand/ct18/

池田陽子さんの江戸川区産小松菜を使ったレシピをご紹介 まとめ

江戸川区のホームページや小冊子に掲載されている薬膳料理専門家池田陽子さんのレシピをご紹介しました。

  • 薬膳鍋
  • 雑煮
  • こまさばディップ

ポカポカ体が温まる感じがしますね。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

池田陽子さんの薬膳料理の著書もご参考に。
↓     ↓     ↓
Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

こんな記事も読まれています

>>江戸川区小松菜の歴史や地域の取り組みをご紹介