「作ってみよう!」3Dプリンター教育支援CAD

作ってみよう!3Dプリンター教育支援CAD

「作ってみよう!」は立体的なものの考え方を訓練できる教育ソフトウェアです。
2次元の幾何図形から3次元モデルを作成するまでの過程を思考できるように工夫されています。

  • 座標の概念を学べます。
  • 個人でステップアップできるようになっています。
  • 作成したモデルは3Dプリンターで印刷できます。

作ってみよう!3Dプリンター教育支援CAD

「作ってみよう!」ステップ1 問題に沿ってモデルを作成できます

問題に沿ってモデルを作成できます

簡単な問題から難しい問題まで、「作ってみよう!」は問題に沿ってモデル作りを学習できます。

「作ってみよう!」ステップ2 モデル作成後に採点できます

モデル作成後に採点できます

自分で作成したモデルを採点することにより、ゲーム感覚で3次元学習を取り組めます。

「作ってみよう!」ステップ3 作成したモデルをSTLファイルに出力できます

作成したモデルをSTLファイルに出力できます

作成したモデルをSTLファイル(3Dプリンター用ファイル)に出力できます。

「作ってみよう!」3つの特長

  • 座標の概念を学べます。

「作ってみよう!」はマウスなどで絵を描かせるのではなく、座標で形や位置を指定します。
これにより、数値で立体物を表すトレーニングになります。

  • 個人でステップアップできるようになっています。

簡単な問題から難しい問題まで用意されています。
採点もされるので、個々人の進展に沿ってゲーム感覚で取り組むことができます。

  • 作成したモデルは3Dプリンターで印刷できます。

3Dプリンターがあれば、パソコン上で作ったものを、すぐに実際の立体物として手に取ることができます。
想像上のものがあっという間に目の前に現れる体験は、子供たちをとりこにするでしょう。

お問い合わせ