Armadillo-IoT

nx Witness

IoTに必要なデバイスの開発・製造から運用までに対応する
IoTデバイスプラットフォーム「Armadillo-IoTシリーズ」

本製品は、組み込み機器を実用化する為に求められる耐環境性や、 長期運用に耐えうる品質を備えた「Armadillo」をベースに、2種類のアドオンとWWAN拡張モジュールを組み合わせる事が出来る「ゲートウェイ」を中心にする事で、あらゆるセンサーや情報機器を簡単にブロードバンドやモバイル回線で各社クラウドに接続する事が出来る、IoTデバイスプラットフォームです。
Atmark Techno Armadillo-IoT G3 / G2

iot title

iot device

製品の特徴


Armadillo-IoTは、センサ接続からクラウド連携まで使える「ゲートウェイ」を中心に、IoTに必要なデバイスの開発・製造から運用までをカバーした「IoTデバイスプラットフォーム」です。

iot_device_map

「Armadillo-IoT」
とは?

IoTゲートウェイの活用例


IoTゲートウェイの活用例

Armadillo-IoT ゲートウェイをおすすめする3つの理由


接続インターフェースが豊富

Armadillo-IoT ゲートウェイは「アドオンモジュール」を基板対基板コネクタでゲートウェイ本体に載せることによって、RS232C/RS422/RS485、Wi-SUN、EnOceanなど各インターフェースに対応することができます。

接続インターフェース

※Armadillo-IoT ゲートウェイ1台につき、2種類のアドオンモジュールを搭載できます。


Linux対応、運用管理サービスも提供

development

専用開発環境「ATDE」

mobile_connection

モバイル回線サービス

device_management

運用管理サービスnode-eye

cloud_platform

クラウドプラットフォーム

  • Linuxプリインストール
  • OS/基本アプリケーションをオープンソース提供
  • 専用開発環境を無償公開
  • 各社モバイル回線に対応
  • 各社クラウドプラットフォームと連携可能

選べるラインアップ・量産もセミオーダー式

bto_service

Armadillo-IoTゲートウェイはPoC(Proof of Concept:実証実験)などにも最適です。量産時には、セミオーダー式でWebメニューから必要なパーツを選ぶだけの「BTOサービス」を利用して、オリジナルのIoTゲートウェイを簡単に量産注文できます。


Armadillo-IoTゲートウェイ G2とG3の違い

Armadillo-IoTゲートウェイ
G2
Armadillo-IoTゲートウェイ
G3
CPU ARM9(400MHz) 約8倍[*1]性能UP ARM Cortex-A7(1GHz)×2
RAM 128MB 容量約4倍 512MB
ROM 32MB(NOR FLASH) 容量約120倍 4GB(eMMC)
LAN 100BASE-TX 約10倍高速 1000BASE-T
無線LAN IEEE802.11b/g/n
(最大72Mbps※理論値)
約4倍高速 IEEE802.11a/b/g/n
(最大300Mbps※理論値)[*2]

[*1] Cortex-A7(1.9DMIPS/MHz, 1GHz, デュアルコア)とARM926EJ-S(1.1DMIPS/MHz, 400MHz, シングルコア)とを計算した場合の比較による。
[*2] 2×2 MIMOを利用した場合の最大値。

Armadillo-IoT
ゲートウェイG2

Armadillo-IoT
ゲートウェイG3

 

お問い合わせ